細胞を除去する

太ってしまう原因は、脂肪細胞の働きにある

脂肪吸引は、顔や二の腕、お腹まわり、太もも、ふくらはぎなどに付いた脂肪を除去する施術です。妊娠をするとお腹まわりに脂肪が付きやすく、年を重ねると二の腕のたるみがきになります。このように、体に付いた脂肪が気になる部位は人によって異なります。ダイエットをすると全体的に脂肪がなくなってしまうため、胸などの脂肪まで取ってしまう可能性もあります。しかし、脂肪吸引は部分的に施術を行なっていくためこのようなことはありません。残しておきたい脂肪を残しつつ、除去したい部位の脂肪を除去できるのです。施術で取り除いていく脂肪は脂肪細胞と言われ、エネルギーを蓄積する役割があります。体に必要な細胞ですが、食事などにより脂肪細胞が大きくなってしまい、それが余分な脂肪として体に現れ太ってしまうのです。太ったり痩せたりといった体の変化は、この脂肪細胞の働きによるものです。施術では、この脂肪細胞を取り余分な脂肪を除去していきます。

施術の効果を持続させるために大切なこと

一般的なダイエットに比べ、脂肪吸引には高いダイエット効果があります。というのも、ダイエットは見た目に重点をおいてダイエットを行なうため、太ってしまう原因となる脂肪細胞を除去する施術とは異なります。そのためリバウンドしやすくなるのです。しかし、脂肪吸引は脂肪細胞を直接取り太ってしまう原因を除去するためリバウンドしにくいダイエット効果を実感できます。効果は永久的に続くため、食事や運動などでダイエットする方法とは異なり有効的に痩せることができるのです。人はいつでも太ることができます。そのため、施術を受けても食生活に気を使わなければ脂肪細胞が新たにできてしまいますが、暴飲暴食せずに過ごせば脂肪吸引の効果を持続できます。

Copyright(c) 2015 脂肪吸引で無理のないダイエット【脂肪は脂肪らないと】. All Rights Reserved. Design by Cloud template