水を使った施術

水の力でダメージを抑える

脂肪吸引の施術のなかでも筋肉層へのダメージを最小限に抑えた施術が、水を用いて脂肪細胞を取り除いていく施術です。脂肪の気になる部位に水流で脂肪層と筋肉層に隙間を作ります。筋肉層との隙間を作ることでカニューレで脂肪を吸引する際の筋肉層へのダメージを防ぎ、水の力で隅々まで麻酔剤を行き渡らせることができます。また、水流の力で脂肪細胞を分解するため、カニューレで吸引しやすくもなります。そのため、脂肪細胞を取り除く際のカニューレによる摩擦を防ぎ、出血や施術後の痛みを最小限に抑える効果もあるのです。この脂肪吸引の施術もダウンタイムが少なく、有効的に脂肪細胞のみを除去できます。カニューレを挿入する際、数ミリ程度皮膚を切開しますが、水を使った脂肪吸引は水の働きを利用し脂肪を取り除いていくため、カニューレの動きを最小限に抑えることができます。そのため、皮膚の切開を小さくできるようになったのです。また、水の力で施術中の体の温度も低く保てるため、摩擦の際に起こる摩擦熱も抑える効果があります。

水に含まれる薬剤

水を用いた脂肪吸引には、生理食塩水を用いた麻酔剤と止血剤が含まれています。カニューレで脂肪を吸引する前にこの水を流し込むことで、麻酔と止血が同時に行なえます。また、水は小さな隙間にも進入する働きがあるため、この働きにより麻酔剤と止血剤が行き届いていないポケットを作るということがありません。カニューレの先端から水流が出て、この力により脂肪細胞を分解するためカニューレの摩擦を最小限に抑えられるという効果があるのです。

Copyright(c) 2015 脂肪吸引で無理のないダイエット【脂肪は脂肪らないと】. All Rights Reserved. Design by Cloud template