超音波を用いる

脂肪細胞のみを溶かす施術

脂肪吸引には様々な種類がありますが、なかでも最も人気なのが超音波を用いた脂肪吸引です。超音波とは、ベイザー波を用いた施術で刃を使わずに脂肪を溶かしていく施術です。皮膚の中に挿入したカニューレからベイザー波を発することで脂肪細胞を溶かすことができます。脂肪細胞は固いため、カニューレを挿入してすぐに吸引ができません。脂肪細胞を柔らかくする必要があるのです。ベイザー波は、脂肪以外の血管や細胞を傷つけずに脂肪のみに反応するため、体に負担になることなく脂肪を有効的に溶かせます。溶かした脂肪細胞はカニューレの先端にある穴からムラなく吸引していき、肌を引き締めて仕上げていきます。脂肪は全て吸引するとかえって体に負担がかかってしまうため、その人の体質に合った脂肪をほどよく残しながら吸引していきます。90%の脂肪を吸引が可能で、仕上がりも引き締まります。痛みやハレといった症状を最小限に抑えた施術のため、ベイザー波を用いた脂肪吸引の施術が人気なのです。

ヤセ型の人にも最適

脂肪吸引は、人によって施術後に痛みやハレの症状が現れる場合があります。この期間をダウンタイムと言います。ベイザー波を用いた施術は痛みやハレを最小限に抑えて行なうため、ダウンタイムが少ないのが特長です。そのため、仕事で忙しい人にも最適な施術です。一般的に脂肪吸引は脂肪が大量に蓄積された人が受けるものとイメージがありますが、脂肪が少ないヤセ型の人も施術を受けています。ベイザー波を用いた施術はヤセ型の人にも適する施術のため、安心して受けることが可能です。ベイザー波を用いた脂肪吸引は、顔、二の腕、お腹まわり、太ももなど全身に行なうことができる施術です。大量にある脂肪を取り除いてメリハリのあるボディラインを手に入れたい場合に最適です。従来の脂肪吸引の施術は、脂肪を取れる量に制限がありダウンタイムも長くなってしまうということがありましたが、ベイザー波を用いた脂肪吸引は大量に取れダウンタイムも短いということで人気が高まっているのです。

Copyright(c) 2015 脂肪吸引で無理のないダイエット【脂肪は脂肪らないと】. All Rights Reserved. Design by Cloud template